前へ
次へ

労働相談で職場のトラブルが解決できるかも

労働相談とは、職場でのトラブルを相談できる仕組みで、各地の労働基準監督署内に相談窓口が設けられています。職場での様々な分野の労働問題を対象としており、労働者であれば、アルバイト・パート・正社員などの雇用形態に関わらず相談を受け付けており、学生でももちろん相談OKとなっています。個々の労働者と事業主との間でのトラブルを迅速に解決できるよう定められた「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」に基づき、相談窓口では相談を受け付けるだけでなく、具体的な解決に向けた対応方法などの助言や指導が受けられたり、紛争調整委員会による斡旋を受けたりすることができます。また、トラブルの内容が労働基準法等の法律に違反していると見られる場合には、行政指導等の権限を持つ部署へと取り次いでもらえます。「いじめ・嫌がらせを受けている」「望まない配置転換をされた」という相談しにくいトラブル・お悩みから、「残業代が支払われていない」、「長時間の残業・サービス残業をさせられる」、「有給休暇を取得させてもらえない」、というような、労働基準法に違反している可能性のあるトラブルまで、労働に関する問題を解決したいなら、一度労働相談へ訪れてみるのがおすすめです。

Page Top