前へ
次へ

労使交渉を有利にするための労働相談の活用法

あなたは現在の労働環境に満足しているでしょうか。最近、サービス残業や長時間労働などの労働を巡る問題が後を絶ちません。しかしながら、サラリーマンの方の多くは、こうした問題に直面しながらも、解雇や左遷といった企業側からの圧力に怯えて、声を上げられずにいるのが現実です。しかしながら、手段を選んで適切に交渉することで、企業を問題の解決のために動かせることもあります。労使交渉のために必要となるのは、労働法に関する知識です。法律に無知な一介のサラリーマンが、いきなり企業を相手取って交渉を行うのは難しいでしょう。そこで、まずは法律事務所などが行っている労働相談を利用して、弁護士を雇うのが先決です。労働相談は初回に限って無料で行っていることもあるので、実際に相談してみて相性が良いと感じた弁護士に依頼するのが良いでしょう。どこで労働相談を受けられるのか分からない時には、地方公共団体が主催している法律相談を利用するのも手です。

Page Top