前へ
次へ

労働相談ができる窓口とは

労働相談といえばまず頭に思い浮かべることができるところといえば労働基準監督署でしょう。労働基準監督署というのは厚生労働省が管轄している公的な組織であり、かなり強い権限を持っていたりします。それは企業への立ち入り調査であったり、それこそ送検処分などもできたりします。それだけ強い行政機関といえます。ですから労働に関する相談といえば労働基準監督署と考える人が多いわけですし、それが間違っているというわけではないですが、できることが意外と限定的でもあったりします。それは賃金不払いや長時間労働とか或は職場の安全性に関することになったりと労働基準法に直接的に違反しているものでなければダメということになっています。ですから、労働相談は必ずしも労働基準監督署であればよい、というわけではないです。いっそのこと、最初から弁護士のところにいって、正確なアドバイスをしてもらうということがお勧めできることも多いです。

Page Top