前へ
次へ

会社の重役にとっての労働相談のメリット

多くの役員や経営者は、時間に関する悩みを抱えています。労働問題もその1つです。従業員から、残業代に関する問題点が指摘された時などは、やむを得ず役員や経営者が対応する事もあるでしょう。そうかと思えば、労働時間に関する問題もあります。それを会社の重役が対応すると、売上数字が下がってしまうケースも多いです。そもそも役員や経営者には、やるべき仕事が沢山あります。労働問題を解決するのに多くの時間を取られてしまうと、売上数字にも悪影響が出てしまいます。ですから多くの重役の方々は、労働相談の窓口に問い合わせしている訳です。とりわけ弁護士に労働相談してみるのは有効です。というのも弁護士は、労働問題に関する色々な事を代行してくれます。わざわざ役員や経営者が対応しなくても問題ありません。確かに弁護士に労働相談するのは、若干費用はかかります。しかし売上数字が下がってしまうのも困りますし、やはり弁護士への相談は前向きに検討してみる方が良いでしょう。

Page Top