前へ
次へ

突然の解雇と労働相談の重要性

会社に突然解雇されるケースも多くあり、おかしいと感じたときは、きちんと労働相談をして、状況を改善でき

more

自力で解決するより専門家への労働相談を検討

仕事上の悩みは、一応は自力で解決する事も可能です。ですが、必ずしも上手く行くとは限りません。色々な方

more

残業手当と労働相談の必要性

会社によっては、人手不足で残業をすることが多くあり、大変に感じる方もたくさんいるため、対策が求められ

more

倒産という労働相談も可能

労働相談では、労働者も不安になる部分があるでしょうが、人を雇う会社側も不安にさいなまれることもなきにしもあらずです。ですから、雇う側、雇われる側のどちらも労働相談ができます。そうした相談窓口であったり、士業者を紹介してくれる支援の手があります。最近では、めっきり少なくなってきたものの、それでも起こる可能性のあるトラブルは「倒産」でしょう。給料や退職金などの労働債権をどう確保すべきかは重要です。それは会社側も同じで、倒産させたくないからこそ、士業者に意見を求めたり、金融機関に頭を下げるのです。法律上、優先的に未払賃金などの弁済を受けることができますから、雇われ身としては案ずることはありません。ただ、倒産の噂が流れているのなら、社員にも何かしらできることがあるはずで、会社へ、社会へ貢献することをまずは優先させましょう。また、源泉所得税などの国税、住民税などの地方税、健康保険などの社会保険料などに関しては、労働者より優先されることがありますから、覚えておきましょう。労働相談では、なにも労働者の味方になる、そうしたメリットばかりの解決には至らないことも少なからずあります。倒産に至る過程の中で、すでに給料の遅れがなかったのか、士業者はそこを指摘することがあります。未払賃金の原資を保全するからといって、会社のために行動しないのは社会人としてあまり評価できない旨を士業者が指摘しています。「法的手段があるから」という雇われ側の声もあります。確かに、労働者優先の権利もあります。しかし、フリーランスではなく、社員を雇い起業する法人を選んでいるのに、そう易々と倒産させたくはないはずです。踏ん張りたい、そうした社長もいるでしょう。その他の手段として、立て直しを考えてみることを指摘する士業者もいます。そうした踏ん張りを支援する、そうした労働相談もできなくはないので、そうした噂話が耳に入れば、社員もパートも、社長も動き出しましょう。

病院清掃会社 京都
当社は医療関連サービスマークの認定を受けています。通路や部屋の手すりや待合椅子の除菌清拭といった豊富な清掃メニューをご用意しております。

名古屋で病院清掃業者といえばダイキチカバーオール
病院の待合室やエレベーターのボタンといった接触部分の徹底除菌を行います。

神戸の清掃業者といえばダイキチカバーオール
清掃の国家資格保有者の元で300時間以上の清掃研修を終えた清掃専門スタッフがサービスを提供します。

Page Top